オーダーメイドについて

オーダーメード

世界に一つしかないデザイン、価値観を。
お客様のアイデアやイメージ、お部屋のサイズに合わせたサイズやデザインなどの ご希望やご要望、もしくはお困りの事がございましたらお気軽にご相談下さい。 まずはお客様のご要望をお聞きし、そこからデザイン画や製図を交えじっくりとお客様と打ち合わせを重ね、理想の形へ近づけていきます。

また、企業、業者様の店舗、事務所什器等も承っております。デザインや構造で難しいと思われたものでも確かな技術と知識でお客様の理想の形でご提供させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

商品お届けまでの流れについて

お届けまでには約2週間〜1ヶ月位、作る家具にによっては2ヶ月程のお日にちを頂いております。お待たせして誠に申し訳御座いませんがご理解の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

1:mailをクリックしてください。

2:質問フォームに必要事項を入力し、入力内容を御確認の上、送信して下さい。ご希望やイメージがございましたら些細な事でも構いませんので何なりとお伝え下さい。

3:お客様へ確認のメールが届きます。

4:後日弊社スタッフから直接返信メールをお送りします。ここから制作に入るまでお客様とご相談を重ね家具のイメージを作っていきます。
尚、弊社工房までお越し頂き、直接ご相談頂く事も可能です。お越しの際はお電話かメールにてその旨お伝えください。

5:家具完成イメージにご納得頂いた時点で配送料を含めた御見積りと納期の目安、お支払い方法のご案内をお伝えさせて頂きます。

6:ご注文内容をご確認頂いた後、前金として商品代金総額の半額をご入金頂いた時点で正式なご注文とさせて頂きます。

7:家具の完成が近づきましたらご連絡させて頂き、納品日時を決定致します。

8:残金のご入金を確認致しましたら、自社配送にてのお届け、もしくはお住まいが遠方の場合は配送会社さんでのお届けになります。

使用される材料について

■アイアン家具

アイアン家具

家具では主流の木材に、鉄という異なる素材を組み合わせる事で、木だけでは表現できないフォルムや雰囲気を作り出す事ができます。それは、鉄ならではの強度がフォルムを細く、シャープなラインを可能にし、仕上げには黒皮(酸化膜)の黒色や磨いた銀色や錆付け塗装など様々な表情により独特な雰囲気を見せることが出来る為です。

錆仕上げを施した鉄を使いヴィンテージ感を出したり、家具の脚に鉄をアクセントとして取り入れる事によりモダンな印象に見せたりと仕上がりのバリエーションを豊かにできるのも、相性の良い木と鉄ならではです。錆付け等のご希望が無い限りは、通常は金属用のウレタンもしくはラッカー塗料にて仕上げております。

構造部の組み上げは溶接にて接合しますので、強度的な心配は皆無です。普段使いには勿論、衝撃のかかる特殊な使用目的にも耐え得ることが可能です。また、溶接でできるビード痕(溶接痕)は綺麗にサンディングしフラットを出しますので見た目も美しく仕上げております。

Three Birdsでは木製家具以外の新たなラインとしてオリジナル、オーダー、セミオーダーメードのアイアン家具をご提案させて頂きます。

■木製家具

木製家具

木製の材料には大きく分けて、無垢材と合板材の2種類があり、どちらも一長一短、メリット、デメリットがございます。

無垢材の利点は何と言っても木の持つ美しい表情を存分に堪能できる点にあります。同じ材種でも個体差があり、木目や木味(色味、表情)も千差万別です。木本来の「生きた」表情や深い味わい、重厚感は無垢材でしか味わえないものです。また、将来的に修理をしながら受け継いで使っていけることもメリットとして挙げられます。無垢材ですので例え深いキズやシミなどができてしまってもヤスリ掛けや鉋掛けを施す事ができ、割れ等の破損があっても木工修理が可能な為修理方法にも選択肢の幅があり様々な仕上げ方が可能となります。

デメリットは、常に呼吸している「生きた」状態であるが故、伸縮による反り等の可能性があります。勿論、制作時には伸縮を計算し不具合の無いように作りますが、お使いになる環境によっては注意が必要となります。

制作前にはお客様から使用状況等正確に把握してから、それに見合った制作方法、塗料等を選択し、ご説明をしてから作業に入ります。全てのご希望や心配な点を解消しご納得頂いてから正式なご依頼となりますので安心してご注文頂けます。反面、合板には木材特有の伸縮の心配が少ない点が挙げられます。動きが少ないため、無垢材では成し得ないデザインや構造も可能となります。また、無垢材に比べ値段の安さが魅力でもあります。材料自体の値段もさることながら、加工の工程においても作業を大幅に効率化することができる為多様なご予算に対応する事が可能となります。

デメリットとしては将来的な修理の際に施せる方法の幅が狭まることが挙げられます。大きな破損などあった場合はそのもの自体を修復するのではなく、新たに作り直してしまったほうが強度的、外観的そして予算的な面でも良い可能性があります。この様に木材といっても様々な選択肢が存在します。

スリーバーズではお客様のご希望やご予算を踏まえベストなご提案を心がけております。